電波に関するギモンを解決

植込み型心臓ペースメーカへの、電波の影響は?

最近のペースメーカーは、電波防護をよく考えて設計してありますから、かなり強い電波をうけても事故を起こす心配はありません。
 しかし、世の中には他にもいろいろな電波が出ていますので、ペースメーカをつけた人は、不必要に電波源に接近しないよう、注意してください。

お金を払わずに商品を持ち出すことがないよう監視する、電子商品監視機器(EAS)、電子タグ(RFID)、自動車のドアロックを開閉するスマートキーなど、さまざまな機械から電波が発射されます。

電波を出す方でも、危険がないよう設計・管理をしているはずですが、ペースメーカをつけた人も用心してください。


植込み型医療機器を装着されている方へ

植込み型心臓ペースメーカや植込み型除細動器をお使いの場合は、装着部分からスマートフォン・携帯電話を15cm以上離して携行および使用してください。通話をする場合は医療機器装着部位と反対側の耳に当てて会話することをおすすめします。

植込み型医療機器装着者への配慮について

身動きが自由に取れないほど混雑した状況等、付近に植込み型心臓ペースメーカーや植込み型除細動器を装着している方がいる可能性があり、スマートフォン・携帯電話と植込み型医療機器の装着部位が15cm程度の離隔距離を確保できない恐れがある場合には、事前にスマートフォン・携帯電話端末が電波を発射しない状態に切り替えましょう。

医療機器への影響に対する指針

『医用電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針(電波環境協議会(旧不要電波問題対策協議会)1997年4月)』が実験に基づいて示されています。

また、国(総務省)が各種の電波利用機器から発射される電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響について調査を実施し、調査の結果を基に各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針として取りまとめ、必要に応じて見直しを行っています。

携帯電話基地局、PHS基地局や放送タワーから発射された電波は、医療機器や家庭用電化製品に届くまでに微弱となるため、医療施設内等を除いては日本では指針等は設けられていません。

なお、電波による影響を受ける機器は、他の電気機器から発せられる妨害波の影響を受けにくくすること、また電波を発する機器は、他の機器に対して妨害波による影響を与えにくくすることで、機器がお互いに共存できる環境をつくる取り組みが長年にわたり続けられています。